アイキララの適切な使い方と使用上の注意点

洗顔 アイキララの前に、朝晩の洗顔をしっかりとしていくようにしてください。

お手持ちの洗顔料でお肌の汚れを落として、清潔な状態にします。
油分の多い状態だとアイキララの成分が浸透しにくいです。
またメイクは前もって落としましょう!

 

この時、目の下にはマスカラが残存していることがあります。
こすって落とそうとすると残ったままですので、丁寧にやさしく落としましょう。

 

2

化粧水 お手持ちの化粧水でやさしくお肌を整えましょう。

この時もゴシゴシ塗りこんだり、激しく叩いたりしないでください。
やさしく馴染ませることで、お肌が整いますよ。

 

3

アイキララを塗る 1プッシュ指にとり、左右両方に分けて使います。

目の下の気になる部分を集中して、上からトントンとそっとなじませます。クリームがなじんできたら、薬指の原で目頭から目尻にかけてやさしくクリームを伸ばしましょう。
塗り終わったら浸透を高めるために、手のひら全体で目元をやさしく包み込んでください。
最後に乳液でアイキララの成分にフタをして完了です!

 

オールインワンジェルを使っていると言うならは、オールインワンジェルの後にアイキララを使うと良いですよ。

 

 

アイキララ効果アップのコツ

 

毎日使い続ける

毎日使っているとお肌が成分に慣れてしまうため、特別な日の前に使う『スペシャルケア』を奨めているスキンケア用品がありますが、アイキララはそうではありません。
日常のお手入れで使うことで、少しずつ目元の明るさを復活させていきます。継続は力なりです。

 

一度にたくさんつけない

アイキララは伸びのいいテクスチャーなので、効果を上げようとしてたくさん出してしまうと、ベタついてしまいます。
目に入るおそれもありますし、使用する場所を考えても1回1プッシュで両目分大丈夫ですよ。

 

強くこすらない

『正しい使い方』でも触れましたが、目元の皮膚は非常に薄くデリケートです。
成分をなじませようとして強くこすると、色素の沈着やたるみの原因になりかねません。やさしく押さえるようにして浸透させてください。

 

 

結論として、普段のケアにプラスして使うイメージでアイキララを取り入れるのがもっとも効率的と言えそうです。

 

あとはひたすら目元をやさしく取り扱うこと!こすったり叩いたりはお肌の大敵。逆に目元を暗くしてしまう引き金になりますからね。

 

アイキララの効果を実感するには、それなりの時間が必要です。

 

オフィシャルサイトでは2週間で効果が出たという口コミが載せられていますが、実際にはもう少し長めに見ておいたほうが良さそう。

 

というのも、お肌の生まれ変わり(ターンオーバー)のサイクルは平均で28日間と言われているからです。

 

お肌は改善するにしろ悪化するにしろ、ターンオーバーを繰り返すことで徐々に違ってくるのです。

 

ですから最低でも1ヶ月は使い続けたいところですね。

 

安心して使うために、アイキララには25日間の全額返金保証制度が設けられています。

 

これは使用した、満足できなかったときに代金を返してもらえるという制度。

 

これならリスクなしでお試しもできますよ。

 

まず最初はお試しコースから始めてみるのが良いと思います。
アイキララお試しコースはこちら

 

アイキララが目に入ってしまったら?

もし、アイキララを塗るときに、目に入るような事があった場合はすぐに水で洗い流しましょう。
目元
水で洗い流したあとにかゆくなったり、痛みを感じたりすることがあればすぐに医師に相談しましょう。

 

アイキララは紫外線(UV)によるシミには効かないアイキララは紫外線(UV)によってできている目の下のクマには効果が薄い事は、茶クマのところで説明しましたが、少し複雑なこともありますのでおさらいしときますね。

 

ビタミンC誘導体は一般的には美白化粧品に使われている成分であり、多くの人の印象としては美白効果がある成分として知られています。

 

ですが、ビタミンC誘導体には美白効果だけでなくて、コラーゲンの生成を活発化させる働きももっています。

 

アイキララでは、このビタミンC誘導体のコラーゲン生成効果を活用したアイクリームなんです。

 

美白効果を追求して配合されているビタミンC誘導体とはちょこっと違った使われ方をしています。

 

純粋に美白効果を求めるのであれば、美白効果がある成分として知らているトラネキサム酸やプラセンタエキスなどに、肌のターンオーバーを促す成分の両方が配合されているアイクリームなどのコスメの方が効果が期待できます。