アイキララは効かないってホント

「アイキララは目の下のしわに効かない」「アイキララの口コミはうそ」…そんな話題がネットで目につきました。

 

 

アイキララとは目の下のしわやたるみ、クマに特化した目の下専用のアイショットクリーム。

 

 

私自身、実際に購入して、目の下のクマを1ケ月程度の使用で綺麗に解消できたアイクリームなんです。

 

 

効かないってどういうこと!?

 

 

私としては納得がいなかいこの話。

 

 

 

だって私はアイキララが気に入ってしまって、目の下のクマが消えた今でも使い続けてるくらいなんです!

 

 

 

確かに茶クマについては効果が期待できないことはあります。

 

 

 

色素沈着が進んでしまうと「アイキララで」というよりは「アイクリームで」消すのが難しくなってしまうからです。

 

 

 

今回はアイキララが効かないと言われる理由について調べてみました。

 

 

アイキララで効果を実感できない目の下のトラブルは?

 

アイキララで効果を実感できない目の下のトラブルの一例として挙げられるのは「深く刻まれたしわ」「脂肪の層が飛び出すほどの目のたるみ」というのがあります。
目元のケア

 

しわも深く刻まれ過ぎてしまうと、やはりアイクリームでケアできるレベルを超えています☆

 

 

 

目の下のたるみも、脂肪の層が飛び出してしまい、くっきりとした段差ができてしまっている場合は、アイクリームでは治せなくなります。

 

 

 

これはもうアイキララが効く・効かないと言うよりは、セルフケアでなんとかできることではありません。

 

 

 

エステサロンに行くか、美容整形するしかない状態です。

 

 

 

長年目元のケアをサボってきて、アイキララを1本使ってみて「効かない」と言われても…それは無理。

 

 

 

どんな高級コスメを使っても、治せないことはあります。

 

 

 

正直、コスメだけで全てのしわやたるみが解消できたら、エステサロンでフェイシャルは必要ありませんね。

 

 

 

また、エステや美容整形のレベルじゃなくとも、しわやたるみが治りにくいこともあります。

 

 

 

それは残念ながら「加齢」です。

 

 

 

よくお肌のターンオーバーの周期は28日だから、コスメは1ケ月使えば効果が出る!と言いませんか?

 

 

 

でもこれは20代までのお話!

 

 

 

30歳過ぎたら、28日に自分の年齢を足した数字ががターンオーバーにかかる日数と考えてください。

 

 

 

つまり40歳ならば、28+40で68日かかります。

 

 

 

約2ケ月は1つのコスメを使ってみないと結果は出にくいんです。

 

アイキララの期間についてはコチラのページにまとめてあります。
アイキララの効果が感じれる期間は

 

 

アイキララの使い方、間違えていませんか!?
アイキララ
「アイキララが効かない」という方の中には、実は適切な使い方をしていないケースもあります。

  • アイキララをつける順番は間違っていませんか?
  • 1回の使用量はきちんと守っていますか?
  • 薬指を使って優しくつけたいますか?
  • 他社のコスメと混ぜ合わせて使っていませんか?
  • 適切な場所に保管していますか?

 

基本的なことですが、これらをもう確認してみるといいかもしれません。

 

 

 

意外とアイキララをつける順番を間違えていたという人も必ずいます。

 

 

化粧水と乳液の間につけるのが正解ですが、スキンケアの最後につけてしまって、折角の成分が蒸発してしまっていることもあります。

 

 

 

 

 

また、アイキララをつけながら目元マッサージをしてしまい、過度に刺激を与えている方。

 

 

民間療法を真似して、アイキララにニベアなどを混ぜ込んで使ってしまっている方。

 

 

アイキララは注射器のような容器に入っているので、1回の量はワンプッシュで的確に出せるのが売りですが、この時プッシュする力が弱いと少な目に出てしまいます。

 

 

アイクリームはケチって使ったら、その効果も半減してしまうので、確実に適量を使うようにしましょう。

 

 

最後になりますが、アイクリームを使うからといって不摂生な生活習慣を見直さないのはダメです。

 

 

 

いくらアイキララが優秀でも、乱れた食生活や睡眠不足、喫煙についてのケアまではしてくれません。

 

 

 

本気で目の下のしわやたるみを治したいなら、できる努力はやりましょう。

 

アイキララの販売ページはこちらです。

アイキララ

>>アイキララ公式サイト<<